その他

【レビュー】Fate/EXTELLA LINK(フェイト/エクステラ リンク) 感想

投稿日:

どうも、シロノンです。

今回はFateシリーズの最新作ゲームであるFate/EXTELLA LINKのPS4版レビューです。

前作は世間的には厳しい評価(僕は割と嫌いじゃなかった)でしたが本作の評価は如何に。

評価方法の詳細は以下の記事をご覧ください。

スポンサードリンク

 

総合:80点(前作70点)

前作からシナリオ以外の全てが改善&クオリティアップ。

前作はFateシリーズが大好きで那須きのこ書下ろしのシナリオに興味がないのならぶっちゃけ買う必要ないよというレベルのゲームでしたが今回は大違い。普通にFate無双として楽しいです。

前作の問題点であったテンポの悪さやゲームの単調さ、めんどくさいステージ構成などを改善&無双シリーズのシステムをパクリもといリスペクトした新要素によって非常に快適に遊ぶことが出来ます。

難点としてシナリオは完全に前作からの続きなのでFate/EXTRAシリーズを遊んでいるorシナリオを把握していることが前提になっています。

だからといってアニメ作品の「Fate/EXTRA Last Encore」を見てもまだ終わっていない(7月にスペシャル放送で完結)&完全に原作ゲームとは別路線の作品なので注意してください。

Fate/EXTRAシリーズを遊んでるorFGOは遊んでいるけどそれ以外はそこまででシナリオはフィーリングやざっくりとネットで調べてどうにかするので派手なサーヴァントアクションを操作して楽しみたいという方おすすめです。

ただし、前作のポリゴンフラッシュみたいな低品質アニメを下回るPS2世代を彷彿とさせる糞見たいなCGのOPムービー。お前だけは本当に駄目だ

 

グラフィック、モーション、ロケーション:80点 (前作65点)

前作最大の問題点だったグラフィックは本当に進化しました。

とはいえ据え置きキャラゲーの中では最低限の品質になったというレベルで正直まだまだ改善の余地はありますが無双タイプのゲームでPSVitaとのマルチだと考えれば十分です。

モーションやエフェクトも改善されていて操作していて心地よいです。最初からこれくらいの品質で出せよと思ってしまいますがそこはまぁ、許しましょう。

アクションゲームでは特に重要なフレームレートも安定していて処理落ちは殆どありませんでした。

 

システム:85点 (前作70点)

前作はやたらテンポの悪いエクストラマニューバやいちいちムービーが入るわデザインはダサいだけのムーンクランチ、1ステージ1回しか打てない宝具、ギミックがめんどくさいだけのステージ、ストーリーモードでは各編の主人公サーヴァントしか使用不可など大量の不満点がありましたが全部しっかりと改善しています。

追加システムとして元祖無双シリーズからリキャストタイムのある特殊スキルであるアクティブスキルや怯んだ敵に追い打ちをかけるラッシュが追加されて操作の単調性が大幅に改善されています。

前作の良かった部分である無双シリーズをはるかに超えるハイスピードアクションはそのままに全てにおいてパワーアップを成し遂げました。

そこまで無双シリーズを遊んでいるわけではないですが過去で一番楽しい無双タイプのアクションゲームでした。

 

シナリオ、世界観:70点 (前作80点)

本作唯一の欠点。

前作はFateの生みの親である那須きのこをメインシナリオライターにサブとしてFate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ、Fate/Grand Orderの一部メインシナリオ(セプテム、ロンドン、恐らく英霊剣豪)を担当する桜井光というコンビでしたが本作は那須きのこは監修に回りアニメ版Fate/Apocryphaの一部脚本やFGOの一部イベントシナリオを担当している小太刀右京率いるチームバレルロールとFate/Apocrypha、Fate/Grand Orderの一部メインシナリオ(オルレアン、オケアノス、イ・プルーリバス・ウナム、恐らく新宿とアナスタシア)を担当する東出裕一郎が担当しています。

スタッフロールの順番からしておそらく小太刀右京さんがメインでシャルルマーニュ関係の設定などの為に東出裕一郎さんがサブだと思われるのですが正直凄くあっさりとしたシナリオです。

那須きのこさんの竹箒日記にも本作はゲーム性が売りでシナリオ自体は夏のアニメ映画的なノリだと書かれていましたが本当にそんな感じでシナリオ自体の量はFGOの最近のメインシナリオ1章分のテキストボリュームとそこまでかけ離れていないレベルでした。

ゲーム自体は面白いのですが王道的と言えば聞こえは良いですが衝撃の展開も無い刺激の無い淡々としたシナリオであまり褒められた出来とは言えなかったです。

少なくとも前作のほうが圧倒的に面白かった。

本作のシナリオの立ち位置はEXTELLA2への繋ぎといった感じの様なのでそういう意味では納得です。

 

キャラクター:90点 (前作90点)

歴代シリーズのキャラは本作でも魅力的でしたし新キャラクターのシャルルマーニュ&カール大帝も良いキャラしていました。

シャルルマーニュ&カール大帝の設定はFateシリーズの英霊の設定を上手く使っていて非常に良かったです。

シナリオのメインキャラクターということでシャルルマーニュの性格も非常に爽快な性格をしていて不快感が無かったのも良かったです。

本作でしか見れない英霊同士のやりとりもフルボイスで聞けて満足でした。

ですが本筋では淡々と物事が進むこともあってあまりキャラの魅力を引き出せていない感じがしたのが残念です。

 

ボリューム、リプレイ性:80点 (前作75点)

メインシナリオは10時間から12時間も遊べば十分にエンディングまで到達出来ます。早い人なら9時間くらいで行けるでしょう。

メインシナリオが短めな代わりに40ステージのエクストラステージと4対4の対人戦が用意されています。

サーヴァントのスキルの育成や合成、150レベルまで上げられる育成もあるので遊ぼうと思えばかなりあそべると思います。というかエクストラステージの40ステージ目は150レベル推奨ですのでそこまでやりこむとレベル上げも強制的に必要になります。ただ、そこまで要求経験値が高くないのでそこまで作業感はないかなと思います。

 

UI、操作性:80点 (前作80点)

UIは基本的には悪くないですが戦闘中はちょっとごちゃごちゃして見づらいかも知れません。

操作性は一般的な無双といった感じでオーソドックスなので文句なし。前作よりカメラワークも改善されたのですがそれでもロックオンには敵を視界に入れていないといけないのがちょっと不便でした。

 

サウンド:75点 (前作75点)

歴代シリーズからの曲もあれば新規曲もあるという感じですが突出した曲はそこまでない感じでした。ボスサーヴァント戦の曲は結構好き。

SEもそれなりに攻撃している感があり爽快感を邪魔することなくてよかったです。

 

ロード:90点 (前作90点)

PSVitaとマルチということもあってサクサクで文句なし。

戦闘中はロード無しですしある場合でも数秒もあれば終わります。

というかそんなに読み込みが必要な広さのステージも品質のキャラもいないとか言ってはいけない。

 

最後に

前作が想像以上に売れたこともあってか非常に前作から進化して感心しました。

シナリオは次回作が本番ということで次回作では気合いの入ったシナリオと本作からより進化したシステムで両方とも質の高いバランスを期待してしまいます。

本当にFateはStay nightを遊んだ頃では想像も出来ない場所に来たなぁ。もちろんこれからも余程のことが無ければ付いていきますよ!

それでは、また!

スポンサードリンク

336px

336px

-その他
-, , ,

Copyright© シロレコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.