その他

【レビュー】Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album 感想

投稿日:

どうも、シロノンです。

FF14は新生開始時から長い間遊んでいます。

今年はほかのゲームに時間を割くことが多くてレベリング以外だとメインストーリーとアライアンスレイド、オメガノーマルくらいしか行っていないというライトっぷりですがそれでもやっぱりちまちまと遊んでしまうしやっぱりほかのMMOはやる気が起きないのにFF14はこれからも続ける自信があります。

そんな好きなFF14ですがこの間オーケストラコンサートのサウンドトラックが発売されました。

今回はそのレビューです。

スポンサードリンク

Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album

初回仕様のみデジパック仕様らしいです。

森の中のオーケストリオンが幻想的。ゲーム中ではこんな高音質じゃないじゃないかというツッコミは無しで。

シックな色合いで高級感がありますね。

裏面のメテオマークが凄く良い。

内容はディスク本体と歌詞カード&祖堅さんと吉田P&Dのコメントなどが入っています。

ナイツオブラウンド戦とかの歌詞とか初めて知りました。

 

内容&感想

内容は先に発売されていたオーケストラアルバムの内容にメビウス~機工城アレキサンダー:天動編~と忘却の彼方~蛮神シヴァ討滅戦~が追加された10曲と2017年9月23日(土)に東京国際フォーラムホールAで開催されたオーケストラコンサート「交響組曲エオルゼア」の夜公演で当日演奏された全18曲がすべて収録されています。

本製品はBDなので全て演奏時or公演時の映像、ゲーム映像と共に楽しむことが可能です。

オーケストラアルバムの内容の曲は2chと5.0ch(5.0chはニアverとファーverから選択可能)から選択して視聴することが可能です。

感想としてはぜひBDの映像でしっかりと見てほしいなぁと思います。

MP3orFLAC(ハイレゾ音源)の音楽データとしても取り込むことは可能ですし日常的に聞くのはそっちの方が良いとは僕も思いますがやっぱり映像があってこそ思い出すもの、こみ上げるものもあるなぁと思ったのです。また、あまり詳細は言いませんがとある曲がコンサートだからこその演出を行った結果映像を一切見ずに演奏のみを聴くと何が起こっているのか訳が分からなくなる場面がありますのでご注意ください。

演奏は大変迫力のある素晴らしい演奏です。基本的に無理のない選曲を事前にしていることもあって原曲の音源強化版という感じが強いです。あとは生のコーラスが原曲の完全再現をしていてビビりました。プロってすごい。収録の環境の都合でコンサート版よりもオーケストラアルバムに収録されているもののほうが集中して聞く分には優れていると思いますがオーケストラアルバムに入っていない曲が割と多いのが少し残念。

僕の特に気に入ったのは絢爛と破砕~クリスタルタワー:シルクスの塔~、究極幻想、白銀の凶鳥、飛翔せり、英傑~ナイツ・オブ・ラウンド討滅戦~、メビウス~機工城アレキサンダー:天動編~、Heavenswardでした。どれも原曲から大好きなんですけどね!

特にHeavenswardは人生でも屈指の名曲だと思っているので今回を凄く楽しみにしていたのですが期待に応えてくれる大迫力の演奏でした。これだけで個人的には買った価値があります。

 

最後に

ゲームに音楽は付き物です。後でゲームの思い出を思い出すときに音楽は分かりやすいきっかけになってくれます。

FF14は今でもよく遊ぶゲームではありますが改めて一気に音楽を聴いていくと映像も相まって色々な思い出を思い出すことが出来て良かったです。そして最近はあまり遊べていなかったけどまた遊びたくなってきますね。シーズナルはもうやったけどまたレベリングとかやるかなぁ。

FF14が好きでBGMも好きな方ならぜひ購入をお勧めします。本当に素晴らしかったです。

紅蓮の解放者のBGMも好きな曲が多かった(特に神龍戦)のでそちらもいずれ聞くことが出来ると良いなと思います。

次は僕の住まいに近い場所で公演してくれないかなぁ。(あまり期待はしていない)

それでは、また!

スポンサードリンク

336px

336px

-その他
-,

Copyright© シロレコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.