ガジェット類

ゲーミングスマホ「Razer Phone」発表!

投稿日:

どうも、シロノンです。

本日個人的に凄く面白いと思ったスマートフォンが発表されました。

それがRazer Phoneです。

正直まったく調べていなかったので発表されたと聞いてかなりびっくりしてました。

Razerは最近はノートPCとかも出していましたからいつかスマホも出すんじゃないかとかちょっと冗談気味に友達と話したりはしていましたが。

スポンサードリンク

スペック

まずはなんといってもスペックでしょう。

Snapdragon 835(Aderno 540 GPU)に5.7インチ1440×2560の解像度のIGZO液晶。しかも120Hz駆動

メモリは8GBでストレージは64GBにmicro SDXCスロット(2TBまで対応)バッテリーは4000mAhというモンスタースペックになっています。

一方でカメラは背面カメラは広角12MP f1.75、望遠13MP f2.6。自撮りカメラは8MP f2.0とそこまで大したことがないスペックで防水や防塵。指紋認証などの機能は無いみたいです。

しかもなんとイヤホンジャックも無し。最近のスマホはiPhone7以降の影響を受けている物が多いですね。でもこれはゲーミングスマホとしてどうなのかと思いますが。

ゲーミングデバイスメーカーであるRazerのスマホということでゲームに特化して残りの部分はコストを下げる方針のようです。

また、Game Boosterプログラムが搭載されていてゲームプレイを最適化してくれるとのことです。こちらは実際にどうなのかは未知数ですね。

価格は699ドル。日本円にすると大体8万円ほどで最近話題のiPhone XやGalaxy note8とは12万円はするのでだいぶ安く感じます。

11月17日にアメリカでは発売予定で日本では未定とのこと。

 

個人的には買うのか

ゲームに特化したスマホというコンセプトは面白いですしスペックも高いと思いますが僕の考えてしてはどこまでいってもゲームスマホとしてはiPhoneに勝てないという点が痛いです。

iPhone8、8Plus、XのプロセッサであるA11の性能のほうが圧倒的に高いのは結局変わりません。幾らチューニングしてもSnapdragon 835の性能では無理がありますからね。

メモリが8GBは凄いと思いますが正直どこで8GBも使うんだよという状態ですしiOSのメモリ使用量の少なさを考えると結局iPhoneのほうがゲームするのには優れている状態になってしまいます。

120HzのディスプレイがiPhoneに勝っている部分ですが結局はゲームが対応している前提ですし今後に出るゲームのいつまでが120Hzもfpsを維持できるかわからないことを考えるとこれを理由にして購入するのはちょっと魅力が足りないです。

というかそもそももうiPhone X予約していますしね。まだまだ届かないですけど。

 

最後に

とはいえガジェット好きでゲーマーとしては欲しいですけど流石にiPhone Xを買うのにこれも買うのはないです。

ですが今後シリーズ化してiPhoneをゲーミングスマホとして上回る日が来た場合にはぜひ欲しいところです。

それでは、また!

スポンサードリンク

336px

336px

-ガジェット類
-, ,

Copyright© シロレコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.