漫画、小説、ライトノベル

【レビュー】3月のライオン 1〜13巻 感想

投稿日:

どうも、シロノンです。

この間アニメのクールが切り替わりましたがそれに備えて今までに撮り溜めて見ていなかったアニメを消化するという行いをやっていたのですが僕の場合大体そこからハマる作品が出てきます。

つまり僕の作品視聴優先順位が悪いという話になるんじゃないかと最近思いますがそこはスルー。ちゃんと録画しているんだから僕の目には狂いはないはずなのだ(震え声)

そしてそこから今回大変気に入ったのが3月のライオン。今期から2期目が放送中です。

原作者はハチミツとクローバーの羽海野チカ先生。ハチミツとクローバーは名前は知っていますが未読です。

本作は将棋が題材なのですがぶっちゃけ僕は将棋は完全に初心者です。

駒の動きは何度か覚えたのですが遊ぶ相手が基本いないのですぐに忘れてしまうという。なので将棋の戦法とかはさっぱりですし棋士の世界がどのような世界なのかも殆ど知らない状態でした。知っていることと言ったら羽生さんというとてつもなく強い将棋星人がいることと最近藤井 聡太四段という超新星が登場したことくらいです。

そんな僕でしたが本作で描かれる棋士という勝負の世界に生きる人々と主人公の桐山くんを取り囲む人々の物語が大変素晴らしく描かれていて魅了されました。

アニメ1期を視聴し終わった僕はそこからすぐに漫画をKindle版で購入し始めて家でも移動時も会社の休憩時間も使って一気に読破。凄く引き込まれました。

今回はそんな3月のライオンの感想です。

スポンサードリンク

真剣勝負の作品は大好き。そして人間ドラマも大好き。

本作は将棋を題材にした漫画です。

その将棋も学生将棋ではなくてプロ棋士の世界。主人公の桐山 零(きりやま れい)は作中史上5人目の中学生プロ棋士としてデビューした天才です。

なので本作の将棋描写はとにかくストイック。勝負を仕事にしている人間たちの厳しさを感じられます。そして熱いです!

ですがこの桐山くんがプロ棋士になった理由は悲しみばかりです。

大体この手の作品の主人公は将棋が好きなものだと思うのですが別に桐山くんは将棋が好きだからプロ棋士になったのではなく自分の居場所の為に。生きる為に将棋を選ぶしかなかっただけなのです。

幼い頃に家族全員を事故で失い、親戚たちからはいらない子扱い。そんな桐山くんを父の友人でプロ棋士だった幸田さんが内弟子として引き取ってくれたのですが幸田さんの娘と息子よりも将棋の才能がある上に将棋で強くないと居場所がなくなると思った桐山くんはひたすらに将棋に打ち込むことによって圧倒的な実力差を産んでしましました。

将棋こそが全ての父を持つ家の子供にとってそれはとてつもない苦痛である為に幸田さんの家は徐々に崩壊しかけていきます。それに耐えられなくなった桐山くんは早くこの家から自分が出ていかないと恩師である幸田さんの家を完全に崩壊させると思い更に将棋へと打ち込んで行き中学生でプロデビューを果たし中学の卒業と共に幸田さんの家から出て1人暮らしを始めたのです。

凄く悲惨。桐山くんは凄く良い子なのです。それはこの漫画を読んでいると本当にそれがわかる。なのに彼はとにかく報われなかった。

とにかく早く独立したいという思いが原動力だった桐山くんはプロになることによって目標を失い少しずつ勝てなくなって行きます。

そんな桐山くんを支えてくれる人達との出会ってしばらくしたところから本作は始まります。

本作は将棋漫画としてのパートと桐山くんの人間関係の成長物語としてのパートに分かれていますがどちらもとても素晴らしいので早く将棋やれよという気持ちにも逆に将棋はさっさと終わってくれということにもならないです。

 

桐山くんを支えてくれる人々がとにかく暖かい

1人暮らしを始めた桐山くんの周りには少しずつ優しい人達が増えていきます。

ひょんなことから出会った川本家の三姉妹や学校の先生である林田先生。同じプロ棋士で子供の頃からのライバルの二海堂など個性豊かでいい人達ばかりです。

そんな人々との交流によって桐山くんの心が救われていくのが本当に嬉しいです。

特に川本家の三姉妹は本作の重要キャラ達でこの家に起こるいくつもの胸糞悪くなるレベルの問題に対して人とのかかわり方が不慣れな結果暴走気味になりながらも精一杯に立ち向かう桐山くんが少しずつ成長していき成長が将棋にも影響を及ぼしていくのが心温まります。

 

棋士達の信念が格好良い!

棋士達はプロになるような人間達なので負けず嫌いで強い意志を持っている人ばかり。

そんな人達の戦いが格好良くないわけがないのです。

ぶっちゃけ桐山くんの対局よりも熱さはほかのほうがあります。

桐山くんの対局ももちろん面白いですよ!

作中には様々な棋士の人達が登場しますが僕が特に好きなのが島田八段。

地元の山形県初のタイトルホルダーになって地元で応援してくれる老人たち恩返しをしようと必死であがいてタイトルに手が届く場所までやって来た男。

30代後半なのに40代と間違えられるくらいに老け気味でなおかつ薄毛気味。そして重度の胃痛持ち。でも格好いい。

同世代に最強の棋士である宗谷名人がいることによって地味な扱いをされながらも地道に努力を積み重ねて進み続ける姿勢は本当に格好いいのです。

本作ではいくつかタイトル戦が描かれていますがタイトル戦はどれもその対局に挑む棋士達の信念が描かれているので素晴らしいです。

将棋はやっていませんが対戦ゲームのPUBGやハースストーン、シャドウバースなどをよくやるのでそちらに対してももっと熱意を持ってプレイをしていきたいという気持ちにさせてもらえました。

 

最後に

最新の13巻まで読んだ時点での僕の中での評価は95点。完結まで面白かったら100点もありえます。いつになるかわかりませんが。

次の巻が早く読みたいのですがなかなか連載のペースが遅いのでおそらく1年くらい最新刊が出ないのでしばらくは我慢するのが辛そうです。

次の巻が当分出ないことによってやってもないのに将棋熱が冷めなかった結果ライトノベルのりゅうおうのおしごと!を買い始めた始末。しかもこっちも熱くて面白いというね。

なのでそちらの感想も書こうと思います。これはもっと楽しむために将棋のルールを学び始めるのも時間の問題かもしれません。

アニメがかなり丁寧に作られているのでそちらもおすすめです。今ならNETFLIXで1期が全部見れますよ!

それでは、また!

スポンサードリンク

 

336px

336px

-漫画、小説、ライトノベル
-,

Copyright© シロレコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.