ゲーム

【これまでの○○シリーズ】第02回 僕とこれまでの艦これ その2 イベント初勝利と敗北

投稿日:2017年3月21日 更新日:

どうも、シロノンです。

今回は僕とこれまでの艦これ その2です。

前回はこちらをご覧ください。

スポンサードリンク

 

最初の目標

金剛を手に入れる。

 

この目標は結構簡単なことでした。

ひたすら2-2とか2-3をクルクルしてた記憶があります。

先に比叡がドロップして奇声を上げた記憶も……

そしてドロップした時はガッツポーズした思い出もあります。

今見ると凄く懐かしい画面です。そして今この資材の量だと吐きそう。

そして金剛を手に入れるという目標が終わったのですがそれと同時に僕の大目標は金剛とのケッコンカッコカリへと移行していました。

そこまでいけば満足出来る気がしていたんです。

なのでまずは海域攻略をして行こうと考えて目標はチュートリアル終了と言われている2-4クリアへ。

瑞鶴もいる状態に赤城もいる贅沢な状態だったのでそこまで苦労せずにクリアした記憶があります。

とはいえスクリーンショットを見る限り結構ボロボロですね。

ですがこれでチュートリアル終了だ!

とか考えていたのですが提督なら必ず立ちはだかる難関3-2。

駆逐艦なんてろくに育てていない僕はそこでひたすらレベリングに明け暮れる日々へ。

といった感じでいつの間にか結構艦これを楽しみ始めていたのです。目標を持つのは大事ですね。

 

初めてのイベント

少しずつ艦これを楽しみ始めていた7月。イベントの予告が出ます。

2014年夏イベント。

連合艦隊戦、お札システムの初実装や多くの提督に語り継がれる不測の自体、ダブルダイソンのE6が印象的なイベントです。

ですが当時の僕はもちろん最深部まで挑むつもりは無く身の程を弁えて行けるところまで行ってやろうと考えて準備をしていました。

当時は難易度選択は無く提督レベルで難易度が変動していたこともあってE1、E2と快調に進みE3、E4、E5とクリアしていくことが出来ました。

E5クリアで僕は撤退。E6は阿鼻叫喚の地獄でしたから。

初イベントでしたがこのイベントで手ごたえと自分の艦隊に足りていない物がしっかりとわかって「次は完走するぞ!」と気合を入れました。

イベントの楽しさと準備の必要性を知ったわけです。

こうして僕は艦これの魅力に気づいたのでした。

 

初めてのイベント完走

そして3ヵ月ほど後にやって来た2014年秋イベント。

秋月にプリンツオイゲンとクリア報酬が凄まじく豪華なイベントでした。

大型建造で武蔵、大鳳を建造に成功して新戦力も大幅加入。気合十分で挑みました。

夏の難易度を想定して準備をしていたので楽勝でした。

今思えばこれで僕は油断してしまっていたのです。

 

絶望のトリプルダイソン

2015年冬イベント。

色々な意味で話題になったアニメ版と連動したイベントで初の難易度選択システムの実装イベントでもありました。

僕にとっては忘れることのない悪夢。

何度は甲で挑むことを選択。秋に完走出来たことで自信を持っていたわけです。

E1からE4は大して苦労もせずに順調に攻略出来たのですがここからが本番のE5甲。

 

削りまでは非常に順調だったんです。削りまでは。

 

 

倒しきれない。

 

倒しきれない!!

とんでもない絶望感でした。

連合艦隊で削られる資材。ボス前空母棲姫による大破撤退。

色々な編成を試してみるも撤退&倒しきれないの連続。

 

この小学生レベルの艦隊名がいかに追い込まれているのかお伝え出来るのではないでしょうか。

 

最終的にはより切実な艦隊名に。

結局このイベントはE5甲を突破する前に資材が尽きてしまい乙でクリア。

この悔しさはそれはもう凄まじく、これから全てのイベントを甲でクリアし続けることでしかこの気持ちを晴らすことは出来ないと思いました。

これが今でも続いている艦これでの決意です。

なに言ってんだコイツとか思われるかも知れないですが本当に悔しかったんです。

 

そして現在へ

そこからの全てのイベントを甲で完全制覇することが出来ています。

一つ足りない甲種勲章が今でもあの悔しさを思い出させます。

苦戦するイベントも何度も経験しましたがあの絶望感を超えることはあれから一度も無いです。

ですが、あの敗北で感じた悔しさがあったからこそ次のイベントへの準備に対するモチベーションになったとも言えますし必要な敗北だったのかもしれません。

よく1つでも甲種勲章を取り損ねるとやる気が一気に無くなると言われますが僕は全くそんなことはありません。まぁ、最初だったからかもしれませんが。

今ではすっかり艦これ大好き人間です。どの艦娘も好きですし史実に対する知識も始める前より大分増えました。

ただしアニメ版、テメーはダメだ。でも劇場版は許す。

その3 現在へ続く。

それでは、また!

スポンサードリンク

336px

336px

-ゲーム
-, ,

Copyright© シロレコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.