ゲーム

【レビュー】ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん 書籍版

投稿日:2017年3月20日 更新日:

今日が休み? そんなことはないです(白目)

どうも、シロノンです。

今回はファイナルファンタジーXIV 光のお父さんの書籍版が届いたので感想です。

これは光の戦士の一員としてレビューせざるを得ない。

スポンサードリンク

 

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんとは

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんはオンラインゲームの日記ブログである一撃確殺SS日記において連載されていた[光のお父さん]というシリーズの書籍版です。著者はブログの管理人のマイディーさん。

2017年4月よりドラマイズムにて実写ドラマ化します。

内容はオンラインゲームであるファイナルファンタジーXIV(以下FF14)を通じて仲が悪いわけではないのだが日頃話すことも殆ど無い父にさり気なくFF14をプレゼントし正体を隠しゲーム内でフレンドになりフリーカンパニー(所謂ギルド)の仲間と共にFF14の世界を冒険し、FF14のかつての最難関ボス「ツインタニア」を最難関当時の装備で倒し正体を明かすまでの記録です。

当時はこいつ強かったのよねぇ。

いまじゃレベル制限解除すれば楽勝だけどね!

 

FF14を知らなくても大丈夫な内容に

原作であるブログ版はFF14ユーザーが読むという前提で書かれているので内容に専門用語がかなり含まれています。

なのでFF14ユーザーじゃないと正直買いづらいんじゃないかと思うのですが安心してください。非常に丁寧な作りになっております。

専門用語はなるべく排除しそのうえで知っているのが必須のものは分かりやすく説明がされています。

なので興味を持った方はFF14をやっていなくても大丈夫です。

むしろこれを読んで面白かったらFF14をやろう!!

 

内容は原作から結構カットされているので注意

全部で286ページの内容ですが入りきらなかったらしく結構内容は削られているのでブログで全部読んだ人は物足りないかも知れません。

マイディーさん曰くブログ版がTVアニメで書籍版が劇場版と例えていましたがその例え方が凄く合っていると思います。内容のカットの感じとか正しくあの感じです。

ページ数的になかなかのボリュームに感じるかもしれませんが元がブログなのでスクリーンショットが盛りだくさん。文章的には半分くらいと思っていただければ。

ただ、ブログの雰囲気はしっかりと書籍版でも再現されています。

マイディーさんの文章は長い間ブログを毎日更新で続けているだけあって非常に読みやすいです。なんせ記事数が2017年3月20日現在2817件。年季が違う……ぜひ、見習わなければ。

 

終わりに

興味がある方はぜひ購入してみてください。少なくとも損する内容ではないと思います。

削られた内容が結構多いのは事実なので読んだ後でより深く知りたい方は原作の記事をどうぞ。

原作を読んだ人の場合は書籍化という手元に置いておけることに意味を感じる。

またはFF14、オンラインゲームが大好きな人はこの様な貴重なオンラインゲーム内でのエピソードの書籍化を祝って購入するのも良いのではないでしょうか。

あと凄く個人的な好みの問題なのですが帯の下が真っ白なのはもう少し頑張って欲しかった!!

マイディーさん曰くこの余白にポエムが書けるとのことですが書かないから!!

それでは、また!

スポンサードリンク

336px

336px

-ゲーム
-,

Copyright© シロレコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.