ゲーム

【レビュー】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ) 購入出来ました

投稿日:2017年3月3日 更新日:

こんにちは、シロノンです。

本日発売のNintendo Switch。予約に失敗した結果家族に当日購入を任せるという判断をしたわけですが。

無事成功しました!

なので今回は開封レビューを行っていきます。

スポンサードリンク

 

本体の開封

まずは本体を開封していきましょう。

箱の大きさは割とコンパクト、そして任天堂っぽくないおしゃれさを感じるデザイン。従来よりも高い年齢層を狙っているのかな。

箱を開けるとすぐに本体と今回の目玉のジョイコンが姿を現します。空けてすぐに本体が見えるのはゲーム機では珍しいですね。

デジタルガジェットでは割とよくあるパッケージングですが。

全て取り出すとこんな感じになります。充電アダプタの端子もUSB-TypeCになっていて時代を感じます。

このおかげでモバイルバッテリーからの充電が可能。

最近のハードの基本ではありますがHDMI付属なのもありがたい。地味にストックがなくて困り気味なので。

Switchの目玉の一つであるドッグの裏側は充電ポートとUSBのハブ、HDMIが接続できます。ちなみに軽くてなおかつ結構チープです。

現行携帯機と分厚さを比較してみました。PSVitaと比べても結構薄いですね。

薄いのに横幅はジョイコンを付けると結構大きくなるので今までの携帯機の感覚で持つとちょっと違和感があります。

ジョイコンをグリップに入れてみました。なんというかわかっていたけど結構不格好です。

そして横幅が従来のハードのコントローラーと比べると無いのでちょっと持ちにくいかな。あと+ボタンと-ボタンの位置が凄くわかりにくい。

慣れていないのが理由だとは思いますが直感的に押せません。

 

プロコントローラー開封

まぁ、こうなるのは予想出来ていたのでProコントローラーも購入しておきました。7500円ほどするのでコントローラーの中でもなかなか高額の部類。Xboxのエリートコントローラーには勝てませんけどね。

 

内容はコントローラー本体と充電用のUSB-TypeCケーブル。シンプルです。

ジョイコンをグリップに入れたものと比較。ゲームをよくやる人ならどっちが使いやすいかは見たら一瞬でわかるレベルですね。

ただ、プロコントローラーになってもいわゆるSTARTとSELECTボタンである+ボタンと-ボタンの配置が上部にあるのは変わらないのでこの位置になれないといけないのはどうしようもなさそうです。

 

キャリングケース開封

そしてSwitchは外でも遊べるのが最大の武器。なので携帯機と同じくキャリングケースを購入。ついでに画面保護シートもついてきます。

いずれガラスフィルムに変えたいけれどとりあえずこれを張っておきます。

 

ケースはジョイコンを本体に装着した前提なので結構横長。質感は1500円くらいのものなので値段相応。重くないのとシンプルな見た目は結構好き。

ソフトは5本までケースに入れられます。そんなハイペースで欲しいソフトがあるわけではないのでしばらくはここに入れておけばソフトケースはいらないかな。

 

ソフトの大きさ比較

Switchのソフトは一応据え置きとなのっているので据え置きとしますが据え置きでは初のカード型です。大きさは3DSのソフトよりも小さくPSVitaのソフトよりも大きくて分厚いくらいです。

やっぱこれ携帯ゲーム機なのでは?

 

最後に

実際に遊ぶのはこれからですが触った感じは今までの任天堂のハードの雰囲気をあまり感じない作りですね。どっちかというとSONYっぽい。

これまで任天堂ハードから変わった点で特に大きいのが感圧式から静電式になった点でしょう。これによって液晶の見栄えが良くなりました。

タッチペンも正直邪魔だったし。

据え置き機として、携帯機としてある程度遊んでみたのちに再びレビューを書こうと思っていますのでそちらもよろしくお願いします。

それでは、また!

スポンサードリンク

336px

336px

-ゲーム
-

Copyright© シロレコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.